近所の教会から賛美歌が聞こえる贅沢。クリスマス&年末感を感じる

近所に教会があります。教会の方が近所の人には毎年クリスマスの挨拶周りをしてくれます。頂いたお菓子の袋にメッセージカードがついていました。オルガンの音でいつもご迷惑おかけしていますと書かれていて、夜でも19時なら起きているので、気にしないでくださいと恐縮してしまいます。

クリスマスは美味しいご飯とケーキを食べる楽しいイベントだと思っていました。こちらこそ去年は夜19時頃クラッカーを鳴らしたり、みんなでワイワイ騒いですみません。よく考えたら、いやよく考えなくても、キリスト教の一大行事で神聖なものです。礼拝の時間帯は静かにしてないと迷惑かもと考えました。

家で騒いでなければ昼間の日曜礼拝のオルガンの音と賛美歌が聞こえてきます。せっかくメッセージカードを頂いたので今年は夜礼拝がある19時頃は静かにしていました。娘と息子が「あ、オルガン聞こえる」「これ音楽で習った」などとクリスマス気分が味わえて助かります。

そのくらい教会が近所です。主人も「これはありがたいね」と4人でご飯を食べた後オルガンと賛美歌に聞き入っていました。賛美歌が終わったあたりでケーキを切ってそこからは我が家のいつもの賑やかな状況に戻ってしまいました。そんなに近所なら教会に行けばいいのにと思われるかもしれませんが、ウチは一応仏教なのです。

クリスマスのときだけ「ご寄付」「献金」を持って行くのも気が引けます。毎週熱心に礼拝に参加している方を見かけるので、お気軽にお立ち寄りくださいと言われてもクリスマスのときだけ取ってつけたように参加する勇気がありません。

地元の街中に石造りの大きな教会があり、そちらはクリスマスのときだけちょっとしたイベントもやっているので昔子どもを連れて行ったことがあります。

近所だからこそ、クリスマスのときだけイベント気分で行って後で気不味くなったらどうしようと思ってしまうのです。ウチは一応仏教と言いながら、別宗派のお寺で除夜の鐘、神社で初詣、クリスマスツリーは飾る、真面目な信仰とは程遠いです。

礼拝にマメに行く気がないので挨拶はしても教会には行かないです。主人も、年末年始に帰省したときにお土産買って渡すくらいの付き合いでいいんじゃないと言ってます。とりあえず主人の地元で有名な美味しいラスクがあるのでそれを教会の方のお返しに買っていこうと思います。

私の地元は車がないと生活できない地域なのですが、そろそろ車が寿命っぽいです。クリスマスプレゼントで車をもらえないかなーなんて有りもしない想像を膨らませています。

自動車エンジン載せ替え費用&工賃